バックナンバー

注文住宅の深い情報

注文住宅と分譲を分けて選ぶ方法

住宅を建てる場合の選び方として、注文住宅と分譲の区分があります。注文住宅は設計を行ってから工事を依頼する手法で、分譲は建売方式です。それぞれの特色を理解した上で、選び方を考える必要があります。注文住宅と分譲の効率的な選び方は、土地の価値の考え方で区別することが挙げられます。一般に、注文住宅は土地が決まっている場合、或は、条件付宅地を購入する場合に提供される方法です。それに対して分譲は、土地と建物をセットして販売する方法です。建物は完成している場合がほとんどで、実際の建物を確認してから購入することができるので、間違いが少ない方法と言えます。反面、設計から参加しているわけではないので、生活を建物に合わせることが求められます。また、建築現場を確認できないので、品質を確認する方法が限られます。分譲はその点を踏まえた上で、購入を決断する事が必要です。注文住宅は設計から関われるのが最大の特徴です。しかし、建物が完成するまで実物を見ることができず、予想外の住宅となることもあります。自由な設計は難しい面もあります。自分の生活を把握した上で設計を行わなければ、生活と空間が合致しない恐れもあります。生活を把握して設計を行えば、生活とぴったりの空間を手にすることができます。

↑PAGE TOP