バックナンバー

注文住宅の深い情報

  • トップ /
  • 注文住宅がデザインに優れる理由

デザイン主体なら注文住宅を

注文住宅と建て売りの分譲住宅はデザイン面で違いがあります。建て売りの場合には、販売価格を抑えるために効率を重視しています。そのために外観も極力シンプルに、使用する材料も汎用性の高いものを選んでいます。オーダーによる設計の注文住宅の場合、分譲住宅と異なりデザインを自由に設計することが可能です。予算にもよりますが、使用する素材選びから外観の見た目、あるいは耐久性を好みのものにできます。ただし、注意が必要なことは、注文住宅は分譲住宅よりもデザインに凝るほどにコストがかかる点が挙げられます。予算に制限がある以上、内装や設備にも注力する必要があります。また、耐震性や耐久性など建物の基本的な性能も確保することが必要です。トータルバランスの面で注文住宅は分譲住宅よりもデザインを考慮しつつ、効率化を考える必要があります。また工務店を選ぶ際にも、設計と施工の経験が豊富な業者を選ぶことが大切です。中にはリフォーム工事に力を入れる業者もあるからです。注文住宅は分譲住宅とは違い、デザイン面でも施主の意見を取り入れるオーダーメイドとなります。どのような要望に対しても、住宅性能をしっかりと確保しつつ満足できる腕の良い業者を選ぶことが重要です。

↑PAGE TOP