バックナンバー

注文住宅の深い情報

新着情報

  • トップ

注文住宅はすべてがオーダー

新築一戸建て住宅を購入する時の選択肢には分譲住宅や建て売り住宅、注文住宅などの選択肢があります。一戸建て住宅は、土地と建物がセットになっている物件などのイメージを持つ人は多いかと思われますが、注文住宅の場合は建物と土地はセパレートであり、土地を購入した後に、ハウスメーカーや工務店を見つけて家を建てる方法になります。土地があれば、家を作る事が出来る、自由な間取りの家を作る事が出来るのが注文住宅の特徴であり魅力です。ちなみに、分譲住宅と建て売り住宅は同じような物件などのイメージを持つ人は多いのではないでしょうか。しかし、分譲住宅は分譲地を購入して、大きな土地を分割した後に区画を設け、一つの街として機能させるなどの特徴があり、建て売り住宅の場合は、家を完成させてから販売を行うなどの違いがあります。分譲住宅の中には注文住宅も含まれているのが特徴で、この場合は区画を購入して、好みのハウスメーカーなどに家を建築して貰う、予め決められた工務店などに家を建築して貰うなどの違いがあります。尚、工務店やハウスメーカーが予め決まっている場合、家の建築プランもある程度決まっているので、自由設計での家づくりは注文住宅で行うなどの違いもあります。

↑PAGE TOP